日経トップリーダ×日経マネーに広告を掲載しております。詳しくはこちらをクリック!  お問い合わせは 0120-015-801 まで。
完全サポートのハワイ旅行

ごあいさつ

コンシェルジュの画像 ハワイ旅行コンシェルジュ
大石 欣明
Yoshiaki Oishi

皆様はじめまして。ハワイ旅行コンシェルジュの大石です。
ハワイ旅行を本当の意味でトータルにお手伝いする、それがこのサービスです。

ハワイに限らず観光目的の海外旅行は、いまや多くの日本人にとって決してめずらしいことでも難しいことでもありません。
しかしそれは、特にご事情のない普通に元気な方々、あれこれと情報を調べて、すぐに立ち回ることができる人々にとって「気軽になった」ということでしかありません。

私自身は過去30年以上の期間にわたり25回以上のハワイ渡航経験があります。しかしそんなことよりも、実母と養母をどちらも要介護3の状態でハワイ旅行に連れて行ったときの体験や、介護しながら会社勤めをしてきた約10年の間に向き合ってきた様々な出来事が、このサービスを始める大きなきっかけとなっています。

特にご高齢でなくともハンディをお持ちの方や、体は普通に元気なのだけど何をどうすれば間違いのない、自分(たち)の事情に合ったハワイ旅行ができるのかご不安な方がとても多いということを、私は様々なシーンで肌で感じてきました。
しかし、そういった方々を本当の意味で、トータルにサポートするしくみが、ほとんど存在しないのだということを知り、そのことに対して強い問題意識を持ち始めたのが、このハワイ旅行専任サポートサービス「グランハワイ」の出発点でした。

確かに、ハワイに詳しい方ならお客様の周囲にもいらっしゃるはずです。また旅行業者の目線でお客様をご案内するのであれば、旅行会社の添乗員さんがいらっしゃいます。
しかし、それで本当に個々のお客様のご事情やご希望に合わせた「自分(たち)の旅行」ができるでしょうか。
コンシェルジュは「単なるハワイに詳しい人」ではありません。また旅行業者でもありません。私たちはそのどちらとも異なります。 お客様を「旅行者」として効率的に捌(さば)くのではなく、「○○様」としてどうハワイ旅行をお楽しみいただけるかを肝に据えて考え、行動します。

今も昔も、そして誰が行っても楽しめるところがハワイです。
様々なご事情をお持ちの方々の支えとなり、ハワイの本当の素晴らしさに身を置いていただき、ひいては(やや大げさですが)生きていることの素晴らしさや、そのことへの感謝の気持ちを新たにしていただけるなら、私たちにとってこれほどうれしいことはありません。


添乗員とは違うの?

コンシェルジュは、友人としての気軽さと添乗員としての安心感に加え、さらにご旅行前後の期間にわたっても、お客様だけを専任で手厚くお手伝いするのが特長です。

  コンシェルジュ 添乗員やガイド ハワイ通の知人
存在 お客様だけのお抱えコンシェルジュ 旅行業者(側の人) 友人・知人
人物 事前にお会いすることが可能。 どんな人物かわからない よく知っている
知識や経験 ハワイ観光に関するあらゆる分野に精通。
観光資源、旅券法、日米入出国手続き、税関申告(持ち込み禁止品、おみやげと関税など)、旅行傷害保険、現地の信頼できる業者、被害防止措置や万一の際の対応、国内移動...etc.
その人による
旅行前後の
サポート
ご計画段階からご帰宅まで。
別途特約のご相談にも応じます。
出発日の空港集合から空港解散まで 人間関係や都合による
旅行中の
サポート
気に入った観光はゆったりと、思ったほどでもなければさっさと切り上げ別のところへ。寝坊?しても即予定変更が可能。

観光中の体調変化、寝起きの際の気分、天候の変化、気分の変化に応じて柔軟にハワイを楽しむことが可能。

※旅行会社や現地業者との契約部分については、基本的にその契約内容に依存します。
添乗員には「旅程管理責任」があるため、これに影響する要望には基本的に応じられない。
団体・グループ行動の場合は、周囲に合わせなければならない「旅行者としての義務」もある。

現地ガイドは、特定の観光施設などを定型パターンで案内する。観光客が大勢で説明を聞き取れなかったり、日本語が通じないことも。気に入らなかった場合も離脱できずガイドに付き合わされる。
旅行会社の旅行商品(契約内容)や、現地で利用する施設・サービスなど様々なことがらに詳しければ、ある程度対応が可能。
細かいことは頼みにくい場合も。
業者との交渉 日本国内の旅行会社、航空会社、現地のサービス提供業者などと、必要に応じて交渉します。   種々のサービスに関する契約内容、両国(州)の法律や商習慣などに詳しければ対応が可能。

お客様とコンシェルジュ

ご出発までの流れ コンシェルジュは、お客様からお問い合わせをいただいた時から、お客様のために動きます。そしてお客様との対面でのお話し合いを経たあと、ご契約に至ることとなります。
初回のお話合いの場でご契約いただく必要はございません。せめてひと晩お考えになり、ご家族ともご相談のうえ、あらためてご連絡ください。

ご契約成立後は、旅行に関するあらゆるお手伝いを始めさせていただきます。
たとえば、旅行に関するお買い物のご同行、旅券(パスポート)取得に関するお手伝いや官公署へのご同行(代理申請や戸籍証明等の手続きも含みます)、ESTA(エスタ:米国の事前電子渡航認証制度)のお手続、旅行会社との交渉や手続、旅行傷害保険の手続き、場合によっては航空会社や現地業者との交渉や調整、その他ご質問等に対するご回答、お客様に応じた細かい点でのアドバイスをさせていただきます。
またお客様のご事情に応じて、ご訪問させていただいた上でのご説明、主治医やケアマネージャ等、医療・介護関係者との連携、航空会社、およびハワイ現地のホテルや介護サービス提供者との調整を行います。

さらにコンシェルジュはご出発当日からご帰国まで、お客様だけを専任でサポートいたします。ご自宅へのお迎えと空港までのご案内( ご希望の場合)、飛行機の搭乗や日本出国および米国入国にかかわるすべての手続き、機内でのお手伝い(国外航空会社の場合の通訳を含みます)をいたします。
もちろんハワイ現地では毎日お客様をご案内させていただきます。一般の添乗員とは異なり朝8時前、夜8時以降でもお手伝いいたします。基本的に当初の計画に沿ってご希望の観光地等を回り旅程を進めてまいりますが、もしも不可抗力等によって計画どおりに事が運ばなかったり、ご気分や体調の急な変化にも柔軟に対応できますので、スケジュール消化のような旅になったり、流れ作業のように扱われるような旅にはなりません。

※ その他コンシェルジュに関する「よくあるご質問」もご覧くださいませ。


コンシェルジュの経歴など

コンシェルジュは、ご旅行の計画段階からお客様にとってのよき相談相手であり、旅行における様々なシーンでの目利きでもあります。ハワイ現地とも長年にわたる信頼関係を築いてきており、一般的なツアーではかなえることが難しい、お客様に最適なハワイ旅を作り上げることができます。

フライヤー広告の紹介文より:
過去30年以上の期間にわたり25回以上のハワイ渡航経験。貧困地区、航空会社、バス会社、銀行、ハワイ州政府観光局(HVCB)、日本国総領事館、小学校、ホテルをはじめとした観光業者、リテールショップ、現地の映像制作プロデューサーなどの取材を単独で行う。観光情報だけでなく、ハワイ州の自然や法律などから、弱者を支える交通システム、快適なトイレの場所までを知り、現地観光業者の事情にも詳しい。
国内外向け通信機器メーカに約10年間勤務し、現地でのスマホやパソコン、企業VPNの設定なども安心。約4年間、介護のために静岡・掛川から都内へ通勤。
大型自動車免許所持。約10年間TV番組制作などの現場でTV中継車の運転や俳優の送迎などをする。東京のFM曲でカメラマンを務めていたこともある。


お手伝いできないこと

このサービス「グランハワイ」は、介護サービスをご提供するものではございません。介護が必要な方は、原則としてご家族やご同行者でサポートいただくことになります。
なお当社では、ハワイ現地の信頼できる介護サービス業者と連携しており、安心して有資格者による介護サービスをお受けいただくことも可能です(日本人経営、日本人有資格者による介護サービス)。詳しくはお問い合わせください。

コンシェルジュがお手伝いできないことの例:
①投薬管理、医療用品や機器等の管理や操作、マッサージ等お客様の身体に触れるサポートなど。
②お客様と同一のお部屋で宿泊すること。
③お客様の事前の許可なくお客様のお部屋に入ること。
ただし一時的な歩行の補助など、有資格者でなくとも一般的に行われるお手伝いは可能です。車いすをお押しすることは基本的に全旅程にわたってコンシェルジュにお任せください。